上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月8日の午後の話、まだ続きます!

ラーメンを食べた後、目的の国立西洋美術館へ行きました。

国立西洋美術館正面

平日なのもあって、美術館は空いていました。

今、開館50周年記念
ル・コルビジェと西洋美術館」展が催されています。

ここ最近、ル・コルビジェ展がよく開かれていますね。
この2,3年に3回くらい行ってます。

知れば知るほど偉大な人で神様的存在です。

今回はコルビジェと国立西洋美術館がテーマで、

基本設計図(原稿の展示は今回が初)やスケッチ、模型、写真が
展示されていました。
それとCG。パーチャルリアリティってやつ。
最近こうゆう展示会では必ずあります。

それよりも僕はこの美術館に来るのが初めてだったので、
館内のいたるところをずっとキョロキョロしてました。アハハ

本館は日本で唯一のル・コルビジェ作品で
また彼の「無限成長美術館」構想で実現した三つの美術館の
うちの一つでもあります。
日本におけるル・コルビュジエ受容の証であり、
戦後の日仏文化交流の起点でもあります。

本館(正面玄関のほう)はル・コルビジェ設計で
コルビュジエに師事した、坂倉準三前川國男
吉阪隆正の三人の建築家が現場監理を担当して完成させた
建物です。
新館は前川國男の設計です。

本館は思ってたよりもこじんまりとしてましたが
(やはり外から中までモデュロールに従ってるとのこと)、
空間の構成がやはりいいですね。
天井から採光を取り入れている19世紀ホールは素晴らしい~。
(世田谷美術館のホールに似てるかな?)

外観は木に隠れて正面しか見ることができませんが
展示さていた立面図によると4方ほぼ同じ立面になっています。(オオ~)

国立西洋美術館外壁
緑に見える小石が打ち込まれた外壁のPCも素敵です。

建物にはこの先どうなってるんだろ~ってわくわくするような
空間があるのって大事ですよね。
感動が大切です。

国立西洋美術館中庭
本館と新館の間にある中庭。素敵でしょ~


1997年から前庭の地下に企画展示館が増築(前庭に展示室があるのは知なかった!)
、本館の免震化工事がされ、十分な機能をもった素晴らしい美術館になっています。

今年50周年を向かえ
この先何十年何百年と保存利用されてもらいたいですね。
世界遺産への登録も今回はダメでしたが
期待してます。

この日見に行けたのは本当に良かったです。
設計への意欲を掻き立てられました!


↓ 是非こちらもポチっとお願いします。




関連記事

コメント - 4

aco  2009, 07. 12 (Sun) 19:55

私も19世紀ホールが好き。
あれくらいの創造性のある素晴らしい設計ができるよう、期待しています。
しかしさ、ほんとに建築好きだよね~
いつものことだけど、あんだけじっくり作品を観る人もめずらしいよ^^;
興味のないものはまったく観ないくせにねー
もっと、ほかのものにも目を向けて楽しみ受け入れることができたら・・・君の創造性や独創性、深みが出てくると思うよん♪
ル・コルビュジエのソファーほしいね~~~

編集 | 返信 |  

つとぴょん  2009, 07. 12 (Sun) 20:11

acoちゃん、コメントありがとう。
しかし、厳しいお言葉。
日々努力して参りますよ~。
ソファー、お祝いで買っちゃいますか?
LC2,LC3どっち?

編集 | 返信 |  

aco  2009, 07. 12 (Sun) 20:14

あ、ゴメン!
ル・コルビュジエのソファーと一緒にイサムノグチのテーブルも欲しいです。
この組み合わせははずせません><
お祝いで買っちゃうの???
はぁー、ル・コルビュジエとイサムノグチにふさわしい住まいが欲しいです(==)
日々、精進あるのみ!
ガンバレ~~~☆

編集 | 返信 |  

つとぴょん  2009, 07. 12 (Sun) 20:15

頑張ります!!!!!

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。