上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dior.jpg
ディオール表参道  設計: 妹島和世+西沢立衛/SANAA  2003年竣工

クリスチャン・ディオールの旗艦店。
シャープな外観です。 夜のライトアップがまた素敵。

ガラスの内側にドレスのドレープ状に加工されたアクリルスクリーン
設置されているダブルレイヤーのファサードが特徴です。

商業建築は表層の表現が勝負です。
建物の表情をいかに個性的にみせるか、
それがブランドの顔になってくるわけですから重要です。

ガラスの表情では
海外の建築家ヘルツォーグ&ド・ムーロン設計の
プラダ ブティック青山店も群を抜いて個性的ですね。
そう、ロンドンのテートミュージアムや北京オリンピックの鳥の巣スタジアム
の建築家です。
プラダはまた撮ってきます。
 
妹島和世建築はまだここしか見た事がありません。
原宿にhhstyle.comがあるのは知ってるんですが、行けてないです。
女神さんは金沢の21世紀美術館が見たいそうです。
SANAAはループル美術館ランス別館も設計です。
ビッグですね~。



GYRE.jpg
GYRE (ジャイル)  設計:竹中工務店+MVRDV(オランダの建築事務所)
              2007年竣工

樹木や周りの建物で全容が撮れませんでした。

GYREの意味は「渦、回転」。
施設のコンセプトで

「渦」とは、ものごとを引き寄せる磁場であり、新しいエネルギーや新しい人を惹き付ける運動体です。この「渦」から「コンシャス・ラグジュリー」を発信し、表参道、ひいては東京の新しいカルチャーのジェネレーターとなります。

とのことです。
建物はそのコンセプトととおり各層を回転させながら積み上げて、ところどころ大きくはみ出した部分を
テラスにしたダイナミックなフォルムをしてます。

MoMAミュージアムショップの海外1号店が入ってたり、
1階にはシャネルのブティックや世界最初のブルガリのカフェもあり、ファッションだけでなくて
レストランも充実してるようです。
デートには良さそうです。


その1へ  その2へ

↓ 是非こちらもポチっとお願いします。




関連記事

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。