上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日のニュースですが
国立西洋美術館が、ル・コルビュジエの他の21の作品群といっしょに「ル・コルビュジエの建築と都市計画」として世界遺産への登録を目指していたのがユネスコのイコモスから登録を延期すべきであると勧告されたとありました。
これで世界遺産に登録されるのは厳しくなったそうです。

国立西洋美術館
上野の国立西洋美術館  1959年開館
設計:ル・コルビジェ 実施設計監理協力:前川國男・坂倉準三・吉阪隆正 


フランスを中心に日本、スイスなど6カ国の政府からの共同推薦です。

推薦されている22作品
○アトリエ
ギエット邸(ベルギー)
クック邸(フランス)
○個人邸宅
クルチェット邸(アルゼンチン)
ジャンヌレ邸(スイス)
シュウォヴ邸(スイス)
レマン湖畔の小さな家(スイス)
ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸(フランス)
サヴォア邸(フランス)
ジャウル邸(フランス)
○規格住宅
ヴァイセンホフ・ジードルングのふたつの住宅(ドイツ)
救世軍人民院(フランス)
カップ・マルタンの小屋(フランス)
○集合住宅
クラルテ集合住宅(スイス)
救世軍難民院(フランス)
スイス学生会館(フランス)
ナンジュセール・エ・コリ通りのアパート(フランス)
マルセイユのユニテ・ダビタシオン(フランス)
○宗教建築
ロンシャンの礼拝堂(フランス)
ラ・トゥーレットの修道院(フランス)
○大型建築
国立西洋美術館本館(日本)
デュヴァルの織物工場(フランス)
○都市計画
フェルミニの建築物群(フランス)

ん~~凄い。
知らない作品もありますが。(勉強不足か・・)
これだけの作品が一度に世界遺産になるのはすごいです。
コルビジェの作品は世界遺産にまだなってなかったんですね。(勉強不足か・・)
近代建築の巨匠の作品、世界の遺産に十分値すると思います。

登録されるかどうかは6月22~30日にスペインで開かれる
世界遺産委員会の審議で決まるそうです。
国立西洋美術館はコルビジェの日本唯一の作品。
今の状況では登録はまだ厳しいようですが
各国共同で登録目指してかんばって欲しいです!!

やっと建築ネタができた。






関連記事

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。